トマトの賞味期限について

このエントリーをはてなブックマークに追加   

トマトの賞味期限って冷蔵庫に入れて何日くらい?


傷ませてしまう前に...
トマトを上手に保存しよう!

水分の多い食材は傷みやすく、例えばレタスやモヤシは、冷蔵庫に入れても賞味期限が3日ほどと言われています。
トマトもまた水分の多い野菜ですが、賞味期限は短いのでしょうか?
実は上記の野菜に比べてちょっぴり長いんです。
それには理由があるので解説します。
冷蔵庫でのトマトの保存方法も合わせて紹介します。

スポンサーリンク

水分がたっぷりなのに、なぜ日持ちするの?


トマトはとても水分の多い野菜です。
でも、賞味期限は一週間と平均的な長さです。
これはトマトの皮が関係しています。
水分の多い野菜は、薄い皮や水分を含んだ皮に包まれているので、賞味期限は短いのですが、トマトは見ての通り皮が水分の流出を防いでいます。

ですので、トマトの水分は空気にあまり触れず保存期間が長いのです。
それでは、トマトの正しい保存方法を説明します。

正しいしまい方とは?
冷蔵庫編

  トマトの賞味期限は1週間と言われていますが、保存方法を間違えると、3、4日程度になってしまいます。
それは、冷蔵庫にトマトを置く時に注意が必要です。
トマトは、ほぼ左右対称なので、真っ直ぐ置くことが大事です。

重さが偏ってしまうと重点部分から腐っていくのです。

トマトを冷蔵庫で保存する時はヘタを取り、ヘタの部分を下にして「真っ直ぐ」しまいましょう。
また、トマトの上に他の食材が乗るのも潰れる恐れがあるので、気をつけましょう。
これらを守って賞味期限は1週間ほどになります。

もっと賞味期限を延ばしたいという人には、冷凍保存という方法があります。

スポンサーリンク

あるものに加工すると賞味期限が延びる?

トマトは冷蔵保存で1週間ほど日持ちしますが、冷凍保存の場合は、3週間〜1ヵ月程度日持ちします。
冷凍保存は、トマトをラップに包むだけでOKです。

また、トマトを自家製ケチャップにした場合も3週間ほど日持ちします。
この効果は、加熱や調味料によるものなので多少日数は前後しますが、一週間以上は日持ちするので、トマトを多くもらった時は試してみてください。

見極める虎の巻!
でも冷蔵庫の中で傷みかけていたら?

トマトが傷んでいるかどうか分からないという人は、そのトマトが柔らかいかどうかをチェックするのがいいでしょう。

新鮮なトマトは「ハリ」があります。
それとは対象的に、傷みかけのトマトは、柔らかいぶよぶよした手触りです。
ぶよぶよしているトマトはサラダには向いていませんが、ジュースやトマトソースに使用するには問題ありません。
しかし、この状態は傷みかけですので、早めに食べるのがいいでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加