トマトの栽培

このエントリーをはてなブックマークに追加   

トマトの色々な栽培方法をご紹介!


家庭菜園初心者必見!
トマトの育て方あれこれ

野菜の栽培は「見て」楽しむだけではなく、「食べる」楽しみもありますよね。
でも野菜は、畑で栽培するイメージで家庭菜園は難しいと思われがちです。
もちろん栽培方法が難しい野菜もありますが、簡単に育てられる野菜もあるのです。
そのひとつがトマトの栽培です。
今回はトマトの栽培方法を解説します。

スポンサーリンク

なんで色々な育て方があるの?


トマトの栽培方法は沢山あります。
それは、トマトの人気に秘密があるんです。

トマトは世界中で食べられています。
ですので、寒い国でも温かい国でも栽培出来るように工夫されてきました。
紹介する栽培方法は、簡単なものからプロ仕様まで盛りだくさん!

王道の育て方とは?
でも種類も豊富です。

  一番基本的なトマトの栽培は、プランター栽培です。
プランター栽培とは、プラスチック製の植木鉢でトマトを育てるという栽培方法です。
プランター栽培はベランダや庭など、小規模な場所で育てられるメリットがあります。
トマトは根が長いので、出来るだけ底が深いものや横幅のあるものを買ってください。

また、プランター栽培の進化系にポット栽培や低段密植栽培というものもあります。
ポット栽培、低段密植栽培は、電気の力で水をやったり、肥料をやったりする遠隔型の栽培方法です。

プランターは、一苗ごとに独立していて、それぞれホースが付いています。
時間になればホースから水や肥料が流れるといったオートマチック栽培方法になります。
ポット栽培、低段密植栽培は、初心者の農業家でも安全に沢山収穫することができます。

この他にもプランター栽培の種類はいろいろあるので紹介します。

スポンサーリンク

ええ!?こんなものまで?
栽培する場所は選びません。

     トマトのペットボトル栽培とは、水耕栽培の一種でもあります。
水耕栽培とは、土を使わず水だけで育てるといった方法です。

ペットボトル栽培は二つ種類があり、ペットボトルを加工して、土を入れトマトを育てる方法と、水だけを入れてそのまま根を水に漬ける方法があります。
しかし、ある程度苗が育ったら実が付くため土に植えなくてはなりません。

また、これらのプランター(植木鉢)を使った育て方にはLED栽培というものもお勧めです。

LED栽培とは、プランターに囲いを作りLED光で照射する栽培方法です。
LED光が太陽光の代わりになり、天気に左右されずに屋内でトマトを育てる事ができます。

農家の人はやっぱり畑!
畑での育て方にも種類があります。

畑で野菜を育てているのを露地栽培といいます。
一度に沢山育てるのなら、露地栽培が一番です。

露地栽培にも種類があり、ソバージュ栽培というものがあります。
ソバージュ栽培とはU字のアーチにつるが伸びるように設置し、後は天候に任せて栽培をする、別名:露地「放任」栽培とも言われています。

また、抑制栽培というわざと育ちを遅くする栽培方法もあるんです!
抑制栽培は旬をずらす事により、野菜の単価を上げる育て方です。
冬場、トマトの価格が高いのはこの抑制栽培によるものなのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加