トマトの効果と効能について

このエントリーをはてなブックマークに追加   

トマトの効果効能/美肌・美容効果をもたらす魔法の野菜


トマトの栄養って健康効果?
美容効果?

りんごとトマトに共通することわざがあります。
「トマト(りんご)が赤くなると医者が青くなる」ということわざです。
トマトの代表的な効果効能は脂肪の吸収を抑制したり、血流を良くする健康効果です。
また、大きな美容効果があることが分かっています。
トマトの美容効果は美肌効果です。
シミ、シワ、そばかす等が気になる人は、ぜひトマトの効能を知ってください!

スポンサーリンク

含まれる二大栄養素を紹介します。


トマトの効果効能を語る上で欠かせないのが、βカロテンという栄養です。
この栄養は、免疫細胞を活性化させ、風邪や癌の予防効果効能を持つのです。

またβカロテンは、中玉のトマトよりミニトマトに多く含まれています。

次に注目すべき栄養はリコピンという栄養です。
リコピンとβカロテンは、抗酸化作用を持っていて、老化を防ぐと言われています。

しかし、リコピンはβカロテンの倍の効果があると言われています。
このリコピンという栄養を細かく説明していきます。

抗酸化作用を詳しく知りたい方へ...
老化防止の必須アイテム。

リコピンは、トマトを赤く発色させている物質で、ニンジンやスイカにも含まれる栄養の一つです。
先述したとおり抗酸化作用を持っています。

人は、
  • 排気ガス
  • 喫煙
  • ストレス
  • 飲酒
  • 紫外線
などの影響を受けて、DNAを傷つけてしまっています。

抗酸化作用とは、このダメージを軽減させる効果効能をもっているのです。
この事から美肌作りといった、美容効果があるとされています。
βカロテン、リコピンを同時に取ることで、美容効果は倍の力を発揮します。

また、リコピンは疲労回復にも効果効能をあらわし、夏バテにも有効です。
肉体疲労時のトマトジュースは、リコピンを多く摂取出来ます。
「トマト」と「ジュース」で違うのでしょうか?解説していきます。

スポンサーリンク

リコピンの栄養は壁に守られています。
それを壊すには...?

   リコピンは、細胞壁を壊されるとその効果を強く発揮します。

細胞壁の破壊とは、
  • 「切る」
  • 「加熱する」
といった方法です。

ですので、トマトジュースあるいはトマトソースなどは、より多くリコピンの効果を得る事が出来るのです。

また、リコピンの作用は摂取してから10時間後と言われています。
ですので、夜トマトを食べると朝、目を覚ます頃くらいにリコピンの作用を受けられるのです。

皆さんが聞き慣れた栄養も多く含んでいます。/h3>  肝臓は、アルコールを分解する大事な器官です。
トマトと同時にアルコールを摂取すると、肝臓が活性化し、酔いにくくなるという効果があるんです。
ですので、レッドアイなどトマトを使ったカクテルは悪酔い防止に役立ちます。

トマトは、リコピンだけではなく、カリウムという栄養も多く含んでいます。
カリウムは、血圧を降下させる作用を持ち、また、むくみにも効果的です。

トマトに含まれる
  • カリウム
  • 食物繊維
  • マグネシウム
  • クエン酸
は、便秘解消効果もあるんです。

これらは全て違う働きで、便秘を解消していくのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加