トマトの栄養について

このエントリーをはてなブックマークに追加   

トマトの栄養/どんな栄養素が含まれているのか?


トマトで足りない栄養を補いましょう!
栄養素によって、人体に与える影響は変わってきます。
今自分に足りていない栄養はなんでしょうか?

食生活が乱れがちな人には、トマトをお勧めします。
トマトに含まれる栄養素は健康、美容に効果があり、美味しさだけに留まらない魅力があります。
豊富な栄養の中でも、リコピンという成分が話題になっています。
今回はリコピンだけではなく、他の栄養も合わせて解説します。

スポンサーリンク

美の成分ビタミンAの効果とは?


トマトは、βカロテンという栄養を含んでおり、これが体内に吸収されることによって、ビタミンAに変わります。
ビタミンAは、肌荒れ防止の効果や、免疫力を上げる効果があります。

また、育毛効果や視力回復などにも有効とされており、サプリメント多く販売されています。

βカロテンは、中玉サイズのトマト(100g)に比べ、ミニトマト(100g)の方に多く含まれています。
肌荒れが気になる人は、ミニトマトを食べましょう。

トマトには、さらに肌を守る栄養があるので紹介していきます。

肌の悩みにダブルパンチ!
ビタミンAとリコピン

真っ赤なトマト。
あの色にはリコピンという栄養が発色させているのです。

リコピンは、赤い色素を持つ栄養なのですが、同時に「抗酸化作用」の効能があるのです。
抗酸化作用とは、人体の劣化、つまり老化を防止する効能です。
ビタミンAは、ニキビなどに効果的ですが、リコピンは皺やたるみに効果的なのです。
リコピンは加熱にも強く、ピザの具やパスタの具として加熱してもその成分を失いません。

また、ビタミンP、Hといった珍しい栄養素も含んでいます。
これらの栄養素はコラーゲンを生成するのに役立ちます。

スポンサーリンク

乱れた生活に一つ!
優良トマトの見分け方とは?

   野菜や果物に多く見られるポリフェノール。
この成分はトマトにも、もちろん入っています。

トマトに含まれる「ケルセチン」は、
  • 生活習慣病
  • 花粉症
  • 癌予防
などに効果があります。

また、美容の面では脂肪の吸収を抑えたり、リコピンのように抗酸化作用も持っています。
ケルセチンはトマトの皮に多く含まれています。

また、トマトを裏返しにすると赤い皮に白い線が薄っすら伸びていると思います。
この白い線が濃いほど、リコピンを多く含んでいるのです。

まるで暗号?
でもこの暗号はダイエットに最適です!

「13-oxo-ODA」、なんだかパスワードみたいな文字列ですが、これはトマトに含まれる栄養なんです!

この成分の成果は、2000年代に入って発見されたもので、現在どんどん話題になっています。
「13-oxo-ODA」は、脂肪が落ちにくい体質を改善する効果を持っています。
肥満気味のマウスに、「13-oxo-ODA」を投与したら、体重が約30%低下したという結果が出ました。

また、トマトは煮たり焼いたりと食べ方が多いので、栄養が溶けないかと心配する人も多いと思いますが、「13-oxo-ODA」は熱にも強く、様々な食べ方でも摂取出来るのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加