トマトアレルギー

このエントリーをはてなブックマークに追加   

トマトアレルギーの症状とは?加熱すれば大丈夫?!


誰にでも可能性がある?
トマトアレルギーになってしまった場合

アレルギーの怖いところは、軽い痒みから意識不明の重体にまで症状が発展する事です。
いつも痒いだけだったのに、大量にアレルゲンを摂ってしまい、重症になってしまう場合も少なくありません。

トマトアレルギーも同じで、最悪の場合、重体になる恐れがあるのです。
ここではトマトアレルギーの対処や症状、原因を解説していきます。

スポンサーリンク

アレルギーの原因は二つ考えられます。


アレルギーは、いきなり発症することもあり、常に気をつけなければなりません。

トマトアレルギーの特徴は
  • 痒み
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
など、アレルギー特有の症状を発症します。

体質が原因の場合もありますが、トマトに含まれる成分にも原因があるのです。
この二つの原因を詳しく解説していきます。

花粉症とアレルギーの接点とは?
また花粉症じゃない人は?

トマトアレルギーの症状で軽症なものは、痒みです。

主に口周辺にその症状をあらわすのですが、これは口腔アレルギー症の疑いがあります。
口腔アレルギー症とは、花粉に似た物質を摂取すると、身体が花粉と勘違いしてくしゃみや痒みといった花粉症特有の症状をあらわすものです。
つまり、このアレルギーは花粉症の人にしか起こりえないアレルギーなのです。

また、トマトに含まれる成分を見てみましょう。
  • ヒスタミン
  • エンドトキシン
  • レクチン
これらはアレルギーの原因そのものです。

「そのもの」とはどういう事でしょうか?
アレルギーについて解説します。

スポンサーリンク

仮性アレルゲンって何?
トマト以外にも要注意!

アレルギーが発症するパターンは二つあります。

一つは、「身体がアレルゲンを排出するために発症」する場合。
もう一つは、「食べたそのものがアレルギー源だった」場合。

口腔アレルギー症は、最初に挙げたパターンです。
最後に挙げたパターンを、「仮性アレルゲン」といいます。

仮性アレルゲンは、「アレルゲンを排出する物質」を食べるわけですから、当然症状は重くなります。
大量に食べ過ぎた時や、体調の悪い時に発症しやすいと言われています。

また、仮性アレルゲンは加熱する事によって消滅する場合もあります。

しかし、口腔アレルギー症の場合は、加熱してもアレルギー反応が出る事が多いので、身体の異変に気付いたら食べるのを止めましょう。

赤ちゃんがアレルギーに掛かった時の対処法。

トマトは赤ちゃんの離乳食でも使われます。
しかし、赤ちゃんがトマトアレルギーだったら大変ですよね。

トマトを離乳食として与えた時に、赤ちゃんの呼吸がいつもと違っていたり、口やふくらはぎに発疹が出来たら注意が必要です。
その場合内科や、アレルギー科で検査する必要があります。

また、赤ちゃんは10人に1人が食物アレルギーと言われているので、アレルギーじゃなくても検査する必要があるのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加